ライフステージと生命保険

今は独身でも、結婚、出産、マイホーム購入、子どもの独立、定年退職といった具合に、ライフステージの変化により、必要な生命保険の保障内容も違ったものになっていきます。ライフステージに合っていない生命保険に加入しているままだと、保障内容に過不足が生じてしまいます。不要な保障を放置していると、保険料を無駄に高く支払うことになりかねません。反対に、必要な保障が入っていない状態を放置していると、ライフステージ別にあるリスクが現実のものになった場合、カバーすることができなくなってしまいます。そのため、人生で大きなイベントがあったタイミングで生命保険の見直しを行うことが大切です。

このページをご覧になっている方の中には、独身で生命保険への加入の必要性を、さほど感じていないという人もいるでしょうが、社会に出たての人であっても、生命保険に入ることは大切です。例えば、自分が命を落としてしまった場合の葬儀費用はあるでしょうか?貯蓄でまかなえるという人は良いのですが、資金が不足している場合には、家族が葬儀をあげなければいけません。葬儀費用のことで、両親に迷惑をかけるようなことをしたくない人は、生命保険に加入しておくことをおすすめします。保険の金額は、葬儀費用をカバーできていれば問題ありません。

こういった具合に、当サイトでは、ライフステージ別に生命保険の見直しを行なう際に、どういうことを考慮に入れて保障内容を決めたほうが良いのかをご紹介します。これから生命保険の契約をする人、現状の保障を見直したい人のお役に立てれば幸いです。