マイホーム購入

念願のマイホーム購入のタイミングでも、生命保険の見直しは行なったほうがいいです。生命保険と関係がある保険に、団体信用生命保険があります。この保険は、契約者がローンの返済中に命を落としてしまった場合、その時点でのローンの残りの金額に相当する保険金が、金融機関などに払い込まれて、完済するというものです。

遺されてしまったパートナーや子どもが、返済に苦しむようにならないというのが、団体信用生命保険最大の強みです。住宅ローンの契約の条件に、この保険の加入が含まれていることが多いです。

現状で加入している生命保険の見直しポイントですが、住居費を保障額に上乗せしている人もいることでしょう。住宅ローンを契約してのマイホーム購入で、団体信用生命保険に加入した場合には、万が一の場合にローン相当額の保障を受けることが可能であり、住居費の保障額は必要ありません。これまでより保障額を減額することにより、保障が過剰な状態を解消することが可能です。

そして、保険料の負担が軽くなるという効果を得ることができます。浮いた分は貯蓄にまわしたり、契約している住宅ローンの繰上げ返済にまわしたり、別の保険の保障にあてたりするのも良いでしょう。

結婚・出産

結婚して、夫婦共働きになるケースは多いです。子どもができるまでは、遺されたパートナーに仕事があるということで、無収入状態になる心配はまずありません。貯蓄を優先し、生命保険は葬儀費用を用意できる程度で良いでしょう。

夫婦の一方が主婦・主夫の場合には、一時期は仕事がなく無収入になることを考慮した保障内容にしたほうが良いでしょう。また、どの程度の収入を死別後に得るようになるかはわかりません。低収入になるリスクをカバーするような保障にするということも大切です。

結婚後、子どもを授かり出産することがありますが、子どもの誕生と同時に生命保険の見直しは行いたいところです。自分にもしものことがあった場合に、遺されたパートナーや子どもの生活が困窮しないような、手厚い保障内容にするのが理想的です。保険金の額は、子どもが幼いほど独立するまでお金がかかるという点で、高く設定するのが望ましいでしょう。

なお、独身時代に生命保険に加入している人は、保険金の受取人に注意しましょう。両親ではなくパートナーを受取人にしたい場合には、見直しが必要です。また、結婚することによって姓が変わった人も、改姓などの手続きの必要があることを忘れないようにしましょう。