マイホーム購入

念願のマイホーム購入のタイミングでも、生命保険の見直しは行なったほうがいいです。生命保険と関係がある保険に、団体信用生命保険があります。この保険は、契約者がローンの返済中に命を落としてしまった場合、その時点でのローンの残りの金額に相当する保険金が、金融機関などに払い込まれて、完済するというものです。

生命保険について考える遺されてしまったパートナーや子どもが、返済に苦しむようにならないというのが、団体信用生命保険最大の強みです。住宅ローンの契約の条件に、この保険の加入が含まれていることが多いです。

現状で加入している生命保険の見直しポイントですが、住居費を保障額に上乗せしている人もいることでしょう。住宅ローンを契約してのマイホーム購入で、団体信用生命保険に加入した場合には、万が一の場合にローン相当額の保障を受けることが可能であり、住居費の保障額は必要ありません。これまでより保障額を減額することにより、保障が過剰な状態を解消することが可能です。

そして、保険料の負担が軽くなるという効果を得ることができます。浮いた分は貯蓄にまわしたり、契約している住宅ローンの繰上げ返済にまわしたり、別の保険の保障にあてたりするのも良いでしょう。