結婚・出産

結婚して、夫婦共働きになるケースは多いです。子どもができるまでは、遺されたパートナーに仕事があるということで、無収入状態になる心配はまずありません。貯蓄を優先し、生命保険は葬儀費用を用意できる程度で良いでしょう。

夫婦の一方が主婦・主夫の場合には、一時期は仕事がなく無収入になることを考慮した保障内容にしたほうが良いでしょう。また、どの程度の収入を死別後に得るようになるかはわかりません。低収入になるリスクをカバーするような保障にするということも大切です。

結婚後、子どもを授かり出産することがありますが、子どもの誕生と同時に生命保険の見直しは行いたいところです。自分にもしものことがあった場合に、遺されたパートナーや子どもの生活が困窮しないような、手厚い保障内容にするのが理想的です。保険金の額は、子どもが幼いほど独立するまでお金がかかるという点で、高く設定するのが望ましいでしょう。

なお、独身時代に生命保険に加入している人は、保険金の受取人に注意しましょう。両親ではなくパートナーを受取人にしたい場合には、見直しが必要です。また、結婚することによって姓が変わった人も、改姓などの手続きの必要があることを忘れないようにしましょう。