定年退職・離婚

子どもが社会に出て収入を得るようになると、子どもの生活や、教育にかかる資金をカバーするための死亡保障が不要になります。保障額を少なくするよう、生命保険の見直しを行ない、保険料の負担を軽くしましょう。浮いた分は自分達の老後の生活資金にまわすというのが、賢明な判断です。

保険見直し子どもが独立しているほか、マイホームのローンも完済しているような場合にも、高額な死亡保険金に設定する必要はなくなっています。保障が過度に厚くないか見直しを行ないましょう。保障額としては葬儀費用、遺されたパートナーの生活費を確保できる程度で十分でしょう。

このほか、離婚してしまった場合も、生命保険の見直しを行なったほうがいいです。シングルマザーやシングルファーザーになった場合、親である自分が命を落としてしまうと、子どもに親がいない状態になってしまいます。

結婚していれば、夫婦の一方に収入があれば子どもの生活の面倒をみることができますが、シングルの場合、子どもは一人取り残されてしまうことになり、自分だけで生活していくことができません。このような事態に備えて、十分な生活資金や教育資金を確保できるよう、生命保険の保障内容は手厚くしておくに越したことはありません。