admin のすべての投稿

定年退職・離婚

子どもが社会に出て収入を得るようになると、子どもの生活や、教育にかかる資金をカバーするための死亡保障が不要になります。保障額を少なくするよう、生命保険の見直しを行ない、保険料の負担を軽くしましょう。浮いた分は自分達の老後の生活資金にまわすというのが、賢明な判断です。

子どもが独立しているほか、マイホームのローンも完済しているような場合にも、高額な死亡保険金に設定する必要はなくなっています。保障が過度に厚くないか見直しを行ないましょう。保障額としては葬儀費用、遺されたパートナーの生活費を確保できる程度で十分でしょう。

このほか、離婚してしまった場合も、生命保険の見直しを行なったほうがいいです。シングルマザーやシングルファーザーになった場合、親である自分が命を落としてしまうと、子どもに親がいない状態になってしまいます。

結婚していれば、夫婦の一方に収入があれば子どもの生活の面倒をみることができますが、シングルの場合、子どもは一人取り残されてしまうことになり、自分だけで生活していくことができません。このような事態に備えて、十分な生活資金や教育資金を確保できるよう、生命保険の保障内容は手厚くしておくに越したことはありません。

マイホーム購入

念願のマイホーム購入のタイミングでも、生命保険の見直しは行なったほうがいいです。生命保険と関係がある保険に、団体信用生命保険があります。この保険は、契約者がローンの返済中に命を落としてしまった場合、その時点でのローンの残りの金額に相当する保険金が、金融機関などに払い込まれて、完済するというものです。

遺されてしまったパートナーや子どもが、返済に苦しむようにならないというのが、団体信用生命保険最大の強みです。住宅ローンの契約の条件に、この保険の加入が含まれていることが多いです。

現状で加入している生命保険の見直しポイントですが、住居費を保障額に上乗せしている人もいることでしょう。住宅ローンを契約してのマイホーム購入で、団体信用生命保険に加入した場合には、万が一の場合にローン相当額の保障を受けることが可能であり、住居費の保障額は必要ありません。これまでより保障額を減額することにより、保障が過剰な状態を解消することが可能です。

そして、保険料の負担が軽くなるという効果を得ることができます。浮いた分は貯蓄にまわしたり、契約している住宅ローンの繰上げ返済にまわしたり、別の保険の保障にあてたりするのも良いでしょう。

結婚・出産

結婚して、夫婦共働きになるケースは多いです。子どもができるまでは、遺されたパートナーに仕事があるということで、無収入状態になる心配はまずありません。貯蓄を優先し、生命保険は葬儀費用を用意できる程度で良いでしょう。

夫婦の一方が主婦・主夫の場合には、一時期は仕事がなく無収入になることを考慮した保障内容にしたほうが良いでしょう。また、どの程度の収入を死別後に得るようになるかはわかりません。低収入になるリスクをカバーするような保障にするということも大切です。

結婚後、子どもを授かり出産することがありますが、子どもの誕生と同時に生命保険の見直しは行いたいところです。自分にもしものことがあった場合に、遺されたパートナーや子どもの生活が困窮しないような、手厚い保障内容にするのが理想的です。保険金の額は、子どもが幼いほど独立するまでお金がかかるという点で、高く設定するのが望ましいでしょう。

なお、独身時代に生命保険に加入している人は、保険金の受取人に注意しましょう。両親ではなくパートナーを受取人にしたい場合には、見直しが必要です。また、結婚することによって姓が変わった人も、改姓などの手続きの必要があることを忘れないようにしましょう。

ライフステージと生命保険

今は独身でも、結婚、出産、マイホーム購入、子どもの独立、定年退職といった具合に、ライフステージの変化により、必要な生命保険の保障内容も違ったものになっていきます。ライフステージに合っていない生命保険に加入しているままだと、保障内容に過不足が生じてしまいます。不要な保障を放置していると、保険料を無駄に高く支払うことになりかねません。反対に、必要な保障が入っていない状態を放置していると、ライフステージ別にあるリスクが現実のものになった場合、カバーすることができなくなってしまいます。そのため、人生で大きなイベントがあったタイミングで生命保険の見直しを行うことが大切です。

このページをご覧になっている方の中には、独身で生命保険への加入の必要性を、さほど感じていないという人もいるでしょうが、社会に出たての人であっても、生命保険に入ることは大切です。例えば、自分が命を落としてしまった場合の葬儀費用はあるでしょうか?貯蓄でまかなえるという人は良いのですが、資金が不足している場合には、家族が葬儀をあげなければいけません。葬儀費用のことで、両親に迷惑をかけるようなことをしたくない人は、生命保険に加入しておくことをおすすめします。保険の金額は、葬儀費用をカバーできていれば問題ありません。

こういった具合に、当サイトでは、ライフステージ別に生命保険の見直しを行なう際に、どういうことを考慮に入れて保障内容を決めたほうが良いのかをご紹介します。これから生命保険の契約をする人、現状の保障を見直したい人のお役に立てれば幸いです。